通販なら重たいベビー用品も楽に購入できる

母と子

危険なエリアに入らせない

赤ちゃん

赤ちゃんを守る

ベビーフェンスは赤ちゃんを育てていくときに入ってはいけないエリアに入らせないようにするために有効なものです。囲って制限をすると言うよりは、自由に動き回ることができるエリアを小さくする意味合いがあります。生後すぐのあまり動くことができない期間であればベビーフェンスは必要ありませんが、はいはいをして動き回り始めるような時期になると必要になってきます。特にベビーフェンスを利用する場所として有効なのが台所や階段です。最近の自宅ではバリアフリーを進めていることが多く、自宅の中にもあまり段差や仕切りを設けるケースが少なくなってきました。このバリアフリーは赤ちゃんにとっても動きやすい環境を作り出しており、階段などがあるエリアにもすぐに行ってしまうことになります。台所周辺は火を取り扱うことにもなるので危険です。そこでベビーフェンスが活躍をします。これを設置することによって入ることができない状態にすることができます。ベビーフェンスは発達段階に応じて設置をする場所を変えていく必要があります。つかまり立ちをして歩くようになればものを引っ張って落としてしまうようなところや浴室に設置をする必要があります。ペットなどを飼っている人はペットの排せつ物をするようなところには細菌がたくさんいるために近寄らせないようにすることも必要です。このように発達段階や家の状況によってベビーフェンスを上手に活用すると赤ちゃんを守ることができます。